社畜SE、仮想通貨を買う

金融系SEの仮想通貨少額投資の記録

当たれば500倍?取引高「1位」なのに0.01円の「BunnyCoin」に注目!

f:id:edindin:20170601214136p:plainf:id:edindin:20170618164353p:plain

cryptpiaという海外の取引所で取引高1位なのに、えらい安いコインがあったため紹介したいと思います。

 その名を「BunnyCoin」(かーわいいー)

 BunnyCoinって?

f:id:edindin:20170618171658p:plain

Bunnycoin – An Innovative New Cryptocurrency

バニーコインはチャリティーを目的として開発されている仮想通貨です。

あまりチャリティーを目的とした通貨に対して「儲かる」だの「おいしい」といった表現は使いたくないのですが、この通貨の普及と価格高騰で助かる人々がいるので紹介します。

f:id:edindin:20170618172728p:plain

  • 総発行枚数:100,000,000,000(1000億枚)
  • マイニング方式:PoW
  • 暗号化方式:Scrypt

 というスペックとなっています。

トランザクションが発生すると、マイナーの得る手数料の一部が寄付に回されるそうです。

 

コインとしては一般的、というか少し古いタイプですね。

 しかし今、某匿名巨大掲示板で何やらこのコインが注目されているようです。

何故このコインが注目されている?

f:id:edindin:20170618224054p:plain

 理由は大きく3つ

  • Cryptpiaという取引所で2位と倍以上の取引高の差がある。
  • 値段がとにかく安い(円換算で0.001円程)
  • 絵が可愛い

 ここで、下2つの条件が実は、価格に大きな影響を及ぼす要素になります。

 まず、仮想通貨は現在2000種類以上が存在しているといいます。

 

これだけの規模になってくると、ほとんどの通貨はひと目につかずに、ひっそりと死んでいくでしょう。

しかし、その数多く存在している通貨の中から躍りでる通貨の一部が、上記の要素をもっているのです。

 なんで可愛いだけで?

f:id:edindin:20170618224018p:plain

かわいいは正義

数ある商品の中から消費者に選択してもらうために「見た目」「名前」を目立つものにする、というのがマーケティングの基本として存在します。

「中身を知ってもらうには、まず外見から」ということですね。

いかに性格が良くても見た目が汚いと、「内面を知ってもらう」というプロセスまで発展しない。そのため結果的にモテないということですね。

 安い

f:id:edindin:20170619222010p:plain

「BunnyCoin」他の特徴が近い通貨と比較して、かなり安いです。

類似のキャラ系通貨として有名なのが「DogeCoin」、以前アルトコインバブルでキャラがキモかわいいと話題になった「BitBean」これらの価格が現在120~170satoshiとなります。

そしてBunnyCoinの価格が0.15satoshi(1satoshi未満なのでこの表現にしました。)

「BitBean」の発行枚数が500億で、「BunnyCoin」が1000億となるので時価総額が同じ額まで行くと大体500倍になる計算ですね。

ケツ論

 f:id:edindin:20170608002613p:plain

 「草コイン」と言われる有象無象の通貨たちは「ほぼ投機に近い物」となっています。

しかし、その分当たったときのメリットは大きいです。ETHやXRPなどの大きく成長した通貨は、ここから数ヶ月で何百倍というのは難しいでしょう。

ですがXRPにもETHにも数円で買えていた時代がありました。仮想通貨は他の投資と比べれば確かに割のいい投資先でしょう、しかし

月に行くには多額の種銭を用いるか、リスクを負うしかないと思います。

以上、よろしくお願い致します。


仮想通貨ランキング 

f:id:edindin:20170617023431p:plain